【糖尿病】食事療法・食事管理で血糖コントロール!分割食のススメ

私は2人目妊娠中に妊娠糖尿病を経験し、出産後は境界型糖尿病と診断を受けました。

その後、3人目妊娠中は糖尿病合併妊娠・・・

現在4人目妊娠中ですが、今回も糖尿病合併妊娠でインスリン注射と併せて食事療法・食事管理として分割食を取り入れています。

今回は、分割食を取り入れるメリット・方法などを体験談を交えて書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

分割食とは

分割食とは、1日3食規則正しく適正な量を食べても血糖値が高い場合に取り入れる食事方法で、1日の食事を6回に分けて食べる方法のことをいいます。

1回の食事量を減らすことで、食後の血糖上昇を抑えることを目的としています。

分割食では朝昼晩3回の食事に加えて、3回の間食(80~160kcal)を組み合わせます。

 

間食とは

「間食」とは、「基本の3食以外で、食事と食事の間にとる食品」のことをいい、食事の間で食べるものが、おにぎりであってもお菓子であっても、それは「間食」になります。

糖尿病がある人の間食に関しては、乳製品や果物を指示されたエネルギーの適正範囲内で摂ることが推奨されています。

菓子類は少量であっても、エネルギー量・脂質量・糖質量などを摂り過ぎてしまうことがあります。

 

分割食体験談(妊娠中)

2人目~4人目妊娠中、妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠だった私。

妊娠中は産科の健診に加え、糖尿病内科の受診(インスリンを使っていました)、栄養科での栄養指導を受けていました。

 

妊娠中の血糖値の目標値は以下の通りです。

・食前 100ml/dl以下
・食後 120ml/dl以下
 
私は、分割食をする際の間食では糖質は20g台になるようにしていました。
 
一般的に、分割食は6回で勧められるのですが、私は5回食でした。
5回食・6回食での間食のタイミングは以下のようになります。
・5回食 朝食→間食→昼食→間食→夕食
・6回食 朝食→間食→昼食→間食→夕食→間食
間食を抜くと、次の食事の時に血糖値が急上昇してしまうので、間食も忘れずに摂ることが大切です。
 
特に仕事をしているときは、個包装された市販品が便利でした。

ロッカーなどで隠れるようにして食べていましたが(笑)

 

おススメの間食①「クリーム玄米ブラン」

個包装で2袋入っていますが、1袋あたりのエネルギー・糖質量は以下の通りです。

【抹茶のブラウニー】 エネルギー160kcal/糖質18g
【苺のブラウニー】 エネルギー157kcal/糖質17g
 

おススメの間食②「1本満足バー」

1本満足バーもいろんな種類があるのですが、特に好きなのはチョコ+シリアルのこの3つ!
エネルギー・糖質量は以下の通りです。
【シリアルチョコ】 エネルギー189kcal/糖質21g
【シリアルブラック】 エネルギー173kcal/糖質20g
【シリアルホワイト】 エネルギー187kcal/糖質21g
チョコ好きにはたまりません♪
 

おススメの間食③「ソイジョイ」

ソイジョイは低糖質・低GIな食品です(低GIの食品は、血糖値の上がり方がゆるやかになります)。
 
ソイジョイのエネルギーは150kcal以下、糖質量も7~11gほどなので、分割食で食べる間食としてバッチリな食品ですね♪
 

まとめ

糖尿病の診断を受けてショックを受けた時期もありましたが、これから長く付き合っているのなら、食事療法・食事管理も楽しく続けて健康的な身体を目指したい!と思っています。

近頃は糖質オフダイエットのブームもあり、低糖質の食品やおやつもたくさん販売されています。

そういった市販品なども上手に活用して、血糖コントロールをしていきたいですね♪

コメント