【マグフォーマー×マグネットボード】で遊びながら図形を学ぼう!

スポンサーリンク

マグフォーマーってどんなおもちゃ?

『知育玩具』と言えばボーネルンド

マグフォーマーはボーネルンドから販売されているあそび道具で、2005年の発売以来、世界65ヶ国で人気沸騰中です。

3歳ころから小学生まで楽しめるマグフォーマー。

磁石なので、力がなくても簡単に組み立てることができます。

子どもたちが受診している小児科にもマグフォーマーが置かれているのですが、2歳の娘から小学2年生の長男まで夢中になって遊んでいます。

 

3歳ごろ~

透け感のあるプラスチックで作られているマグフォーマーは光を通すとキラキラと光ります。

色ごとに分けてみたり、くっつけて持ち上げてみたり・・・そんな遊び方もできます。

四角い形の上に三角の形を置けば、家の形ができる。

好奇心いっぱいの3歳児!平面遊びを楽しめます。

はじめてボーネルンドを購入するときは、マグフォーマーの基本となる正三角形と三角形がセットになったベーシックセットがおススメ♪

わが家もはじめてのマグフォーマーはこちらを購入しました。

大人もつい夢中になっちゃいます!

 

4歳ごろ~

4歳ごろになると立体も作ることができるようになります。

自分が作った立体を見て『○○に見える!』などと見立てる力(想像力)もついてきます。

ベーシックセットの買い足しとしておススメなのが、ダイナソーセット。

作品の幅も広がりそうですね♪
 

6歳ごろ~

自分のイメージに合わせて、どんどん形を作れるようになります。

家を作ってみたり、車や球体など・・・立体も自分で考えて作れます。

小学生になると算数の授業で図形を学びますが、マグフォーマーで遊ぶことは数学的な力をつけることにもつながります。

女の子におススメなのが、お家作りを楽しめるセット。

マグフォーマーを動かせるリモコン機能付きのセットです。

うちの子たちも車が大好きだから、喜びそう!

 

マグフォーマーでの遊びの幅を広げたい!

ボーネルンドのあそび道具で遊べるキドキドではマグネットウォールにマグフォーマーをくっつけて遊ぶことができます。

わが家でも同じように遊べたら喜ぶだろうなぁ

そう思い、さっそく行動に移しました!

 

マグフォーマー×マグネットボード【材料】

今回の材料はすべてダイソーで購入しました。

✔マグネットボード(300円)
✔マスキングテープ
✔超強力アクリルフォーム両面テープ×2

壁に穴を開けたくなかったので、マスキングテープを使うことにしました

マスキングテープは幅が広いものを購入しました(リフォームなどのコーナーにあります)。
両面テープはマグネットボードが落ちてこないよう『超協力』タイプを選びました。
 

マグフォーマー×マグネットボード【作り方】

作り方は簡単!

マグネットボードを両面テープで壁に貼っていきます。

①マグネットボードを貼る位置にマスキングテープを貼る

貼り付けた壁紙は凹凸があるタイプだったので、はがれてこないようしっかり押さえつけて貼りました。

貼るときには、マスキングテープ同士が重ならないように気を付けます(マスキングテープが重なると、はがれやすくなってしまいます)。

②マグネットボードに両面テープを貼りつける

マグネットボード(裏)の赤く色づけした部分に強力両面テープを貼ります。

③マスキングテープを貼った部分にマグネットボードを貼り付けます

完成!

ままごとキッチンの上のスペースに貼りました♪

わが家のままごとキッチンはこれ!

ままごとキッチンとしても、ラックとしても使えるタイプです。

親子で楽しむマグフォーマー

平面でも立体でも楽しく遊べるマグフォーマーは、大人でもつい夢中になってしまうあそび道具です。

マグネットボードを貼り付けたことで遊びの幅も広がりました♪

2歳の娘もよく遊んでいます。

お誕生日のプレゼント、入園のプレゼントにもおススメですよ!

 

こどものこと。
スポンサーリンク
シェアする
ricoをフォローする
ふとっちょママのハッピーライフ。

コメント