【妊婦さん必見!!】歯科受診のススメ&しっかりやっておきたい歯のケア

スポンサーリンク

はじめに

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わり、身体のいろんなところに変化があらわれます。
お口の中も、その1つ!!

また、出産後は赤ちゃんのお世話が忙しく、歯科受診をすることも難しくなります。

だからこそ!!

妊娠中にしっかり歯科受診&歯の治療をして、歯のケアをしておきたいものですね。

今回は妊婦さんに向けて、歯科受診のススメと、しっかりやっておきたい歯のケアについてまとめていきます。

妊娠中に歯科受診・治療をやっておきたい理由

妊娠中は歯のトラブルが起こりやすい

●つわりで気分が悪いため、きちんと歯みがきをすることができない

●つわりで胃酸が逆流したり、すっぱいものを好んで食べるため、お口の中が酸性に傾きやすい(お口の中が酸性に傾くと、虫歯菌が繁殖しやすくなります)

●一度に食べられる量が少ないので、食べ物を口にする回数が増える=歯の再石灰化(溶けだした歯を元の状態に戻そうとする働き)が起こる時間が短くなる

●ホルモンバランスの変化によって唾液がねばつくようになり、歯周病菌が繁殖しやすくなる

以上のような理由から、妊娠中は歯のトラブルが起こりやすくなっていると言われています。

妊娠中に起こりやすい歯のトラブル

歯周炎

妊娠中には身体のホルモンバランスが大きく変わります。
そのため、歯周炎も起こりやすくなっています。

歯周炎の原因菌が潜んでいるのは歯垢の中!
なので、しっかり歯みがきをして歯垢を取り除き、歯周炎予防をすることが大切です。

虫歯

妊娠中は唾液が酸性になるので、虫歯菌が作り出す酸を中和しづらくなります。
さらに、つわりの時期は食べ物を少しずつしか食べられず、1日にちょこちょこと何回も食べることが増えます。
そうすると、口の中が酸性になっている時間が長くなり、虫歯になりやすくなります。

また、つわりで吐き気があると、丁寧に歯みがきをするのが難しくなります。
つわりがおさまっているときなどに、できるだけ歯みがきをするようにしてください。

正しいブラッシング方法で、お口の中をキレイに保ちたいですね。

歯のぐらつき

出産が近くなると、骨盤がゆるんできます。
それに合わせて歯と顎の骨をつないでいる靭帯もゆるんで、少し歯がぐらつくことがあります。
妊娠8ヶ月頃までに歯のぐらつきが見られますが、その後は徐々におさまるので心配はいりません。

歯の神経の痛み

妊娠中は、歯の神経がある歯髄というところの中が充血することがあります。
そうすると、神経が圧迫されて痛みます。
これは妊娠5ヶ月頃までに起こりますが、そのあと痛みは自然と消えていきます。

しかし、実際痛みが起こったとき、それが何の痛みなのか素人には判断するのが難しいと思うので、歯科受診をする方が確実です。

虫歯や歯周病が原因で早産のリスクが高まる

虫歯菌や歯周病菌は歯ぐきの血管から体内に入り込んでしまうことがあります。
その菌が子宮内に達すると、免疫細胞が過剰に反応して子宮を収縮させるホルモンを急激に増やしてしまいます。

そうなると、身体が「出産の準備が整った」と認識して、子宮の収縮や陣痛が予定より早く始まり、妊娠37週未満で出産してしまう早産や、新生児の体重が2500g満たない低体重児出産を引き起こす可能性があります。

赤ちゃんに虫歯をうつしてしまう

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。

しかし、食器を共有したり、食べ物をフーフーして冷まして与えたりすることが原因で赤ちゃんのお口の中に虫歯菌がうつってしまうのです。
ついついやってしまいがちなことなのですが、赤ちゃんに虫歯をうつさないためにはこういったことを極力控えるようにしていきたいものです。

また、赤ちゃんが産まれてくる前に、一緒に生活をする家族の虫歯を治療しておくことも大切なことです。

妊娠中の歯科受診のススメ

歯科検診や治療を受けるタイミング

望ましいと言われているのは、安定期と呼ばれる時期(妊娠5ヶ月~7ヶ月)だと言われています。この時期に入ると、つわりが落ち着く妊婦さんも多く、またお腹が大きくなる前なので治療の体勢も取りやすくなります。

妊娠初期はつわりなどで体調や精神面が安定していない妊婦さんも多く、また胎児も薬などの影響を受けやすい時期となっています。

妊娠後期は、身体の血液の6分の1が子宮に集まっていると言われており、歯科受診の際に急に仰向けになったりすると血圧が低下する心配があります。
また、いつ陣痛がきてもおかしくない状態でもあります。

妊娠中期に入って体調が安定したら、出来るだけ早めに歯科受診をしておきたいですね。
受診の際には妊娠中であることを確実に伝えましょう。

妊婦さんが受ける歯科検診の内容

妊婦歯科検診の内容は歯医者さんによって違いますが、虫歯の有無・歯ぐきの状態をチェックするのが一般的となっています。
正しい歯みがきの仕方のアドバイスも受けられるので、この機会に産後のこと含めお口のことで心配なことなどを相談しておくといいですね。

また、住んでいる自治体によって無料で妊婦歯科検診を受けることができるところもあります。
私が住んでいる自治体も以前はなかったのですが、数年前から受けられるようになりました。
受診券に記載されているチェック項目には【虫歯の有無・歯石の有無・歯周疾患の有無・その他所見・口腔状況】があります。

せっかくなので、こういった制度もしっかり活用していきましょう!

妊娠中の歯の治療で気になること

治療時の体勢

歯科では仰向けに寝た状態で治療をすることがほとんどです。
お腹が大きくなってくると長時間仰向けの体勢を取るのはつらくなってくることもあるので、そういったときは遠慮なく伝えましょう。

麻酔

通常の歯科治療で使われる麻酔の量は極少量です。
お腹の赤ちゃんや母体への影響を心配するほどではありません。
痛みをこらえて治療を受けるよりは、麻酔を使ってもらった方がよいと思います。

鎮痛剤・抗生物質

妊婦には比較的、身体に影響の少ない薬を処方することになっています。
なので、受診時は必ず妊娠中であることを伝える必要があります。
また、必要に応じてかかりつけの産婦人科医に相談するといいでしょう。

レントゲン

歯科で使用するレントゲンは放射線量が微量で、ほとんど心配しなくてもいい量です。
また、レントゲン撮影をする際には防護エプロンも着用しますが、この防護エプロンを着用することで被ばく量はほぼゼロになるので、安心です。

妊娠中にしっかりやっておきたい歯のケア

つわりで歯を磨くのが難しいとき

つわりで歯を磨くのが難しい場合は、食後に水で口をゆすぐだけでも違います。
抗菌剤が入っているうがい薬や、抗菌作用があるカテキンを含む緑茶でうがいをするのもおススメです。

歯みがきをする場合は、ヘッドが小さい歯ブラシ(子ども用でもいい)を使うといいです。

また、下の方を向いて前かがみの体勢になり、歯ブラシを舌に当てないようにすると嘔吐感を避けやすいです。

歯ブラシは小刻みに動かします。

気分が悪い時は無理に歯を磨かなくてもOK!
体調がいい時に丁寧に歯みがきをしましょう。

フッ素とキシリトールを活用

歯科受診の際にフッ素を塗ってもらうと、歯の質が強くなるので、虫歯予防が期待できます。

また、キシリトールにも細菌の増殖を抑える働きがあります。

長男を妊娠しているときに、歯科衛生士をしている友だちからもキシリトールを勧められました。

私がおススメしたいのは、歯科やネットで購入できるキシリトール100%のガム

おわりに

妊娠中に起こりやすいお口のトラブル。
しっかり対処していきたいですね。

また、産まれてくる赤ちゃんが虫歯にならないよう、ママや家族も虫歯予防に心がけていきたいものです。

私自身、現在第4子を妊娠中で、ちょうど妊娠中期に入ったところです(2019年7月現在)。

自治体から出されている妊婦歯科検診受診券もしっかり活用し、丁寧な歯みがきやキシリトールガムを活用して歯のケアを心がけていこうと思います。

コメント